自営業を支援しているところはあるの?

「早く起業して成功したい」と考えている自営業者を支援するサービスは幾つかあります。

自営業を支援している制度の一つが助成金や補助金で、起業にかかる資金を調達できるのです。

事業にかかる資金を全て自己資金で捻出できれば問題はないものの、現実的には非常に難しいのではないでしょうか。

実店舗を持つのであればテナント料や内装費などかなりの出費が予想されますし、運転資金がなければ経営を続けていくことはできないのです。

そんな自営業者を支援しているのが助成金や補助金で、事前の審査に通れば誰でも事業にかかる資金を手に入れることができます。

返納義務がない助成金や補助金がほとんどで、これから自営業として事業を行っていくのであれば積極的に利用したいものです。

助成金や補助金の申請にかかる費用は一切ありませんし、仮に審査に通らないとしても損をすることはありません。

そこで、実際に自営業者が受けられる支援サービスをこのページではご説明しているので、給付の条件と合う助成金や補助金をチェックしてみてください。

 

<小規模事業者持続化補助金>

小規模事業者持続化補助金は最大で50万円が給付される助成金で、自営業者が商工会議所や商工会と一体となり、販路改革を進める際に支援を受けられます。

新たな顧客層の取り込みを狙うための広告宣伝や、国内外の展示会への出展、今よりも集客力を高めるための店舗改装といった例で助成金を受け取れるのです。

計画の作成や販路拡大に関してのアドバイスも受けられるので、自営業者にとっては一石二鳥なのではないでしょうか。

 

<ちいさな創業未来補助金>

ちいさな創業未来補助金は、新規で起業する際に受け取ることができ、中小企業や小規模事業者向けの補助金となっております。

あくまで補助金なので全額は支給されないものの、創業の際にかかる費用や広告費、弁理士等の専門家の費用などを支援してくれるのです。

この補助金の申請を行うためには、国が認定する助言機関に事業相談をしなければならないので注意しなければなりません。

 

<地域商業自立促進事業>

地域商業自立促進事業は、商店街における地域コミュニティの形成を目的とした助成金で、小規模の自営業者に適しております。

魅力創造支援事業を目的ともしており、種類やその規模によっては最大で5億円まで助成金が支給されるところが大きな魅力です。

商店街の魅力を引き出したいと考えている自営業の方は、魅力創造支援事業に申請する価値は大いにあるのではないでしょうか。