自営業の確定申告はどうする?

■自営業をして収入を出した場合には、毎年やってくる確定申告で申告しなければいけません。その際に、白色申告と青色申告という二つの方法がありますが、自営業として節税できるのは青色申告のほう。確定申告の時になって山のようにある領収書を整理するのも大変ですから、普段から経費はレシートを保管してノートなどにつけたりして税金対策はしておくことが必要です。

白色申告と青色申告、どちらがどう違うのか分かりにくいのですが、収入が少なかった場合には白色申告の方がおススメです。記入方法も簡単ですし、記帳にあまり時間をかけたくない方は迷わず白色申告がよいかもしれませんね。

一方、青色申告がおススメなのは、ある程度自営業としての収入があり、なおかつ経費もたくさんあって節税を考えている場合。青色申告の場合には記入方法が少し複雑になったりするので手間がかかると言うデメリットはありますが、特別控除が最高65万円まで受けることができたり、家族へ支払ったお給料も必要経費として計上する事も出来ます。他にも減価償却費などを経費として計上する事ができるので、節税対策をするなら青色申告が理想的です。

あなたの行なっている自営業が白色申告の方がお得なのか、それとも青色申告の方がお得なのかは収入の金額や経費の金額などにもよります。もし税金を毎年10万円以上払っていて白色申告をしているなら、ぜひ青色申告をトライしてみてください。数万円単位で節税できる場合も多いようですよ。