自営業で扶養は認められている?

■自営業をしている人にも扶養家族はいますよね。自営業だからと言って自由に誰でも扶養家族にできるかといえば、もちろんそんな事はありません。しかし、扶養家族がいる場合には条件を満たせば扶養として確定申告の時に控除を受けることができます。

扶養と言っても、自営業の場合には所得税において配偶者控除、配偶者特別控除などがありますし、国民年金や国民健康保険などにおいて配偶者を被保険者として加えることができるかどうかの扶養があります。配偶者が扶養として認められるかどうかは、それぞれの控除項目などにおいて大きく関係してくる所得が違います。

扶養家族の年間所得が38万円を超えない場合には、配偶者控除が認められます。超えてしまった場合でも、配偶者の年間所得が76万円を超えない場合には配偶者特別控除が認められます。

国民健康保険の扶養は、もう少し年間所得のバーが低くなって扶養に入りやすくなっています。配偶者の年間所得が130万円以下なら扶養家族に入ることができるようです。

サラリーマンの場合と違って自営業の場合には、扶養が認められるかどうかは役所に申請してみなければ分かりません。書類の書き方が間違っていたりして何度もやり直さなければいけないこともありますし、「前例がない」と却下されてしまうこともあるようです。節税を行なうためには扶養控除はぜひゲットしたい控除項目。いろいろなサイトでリサーチをしながら、スピーディに扶養を認めてもらいましょう。