自営業の平均年収はいくら?

■「自営業の平均年収はどのくらいなの?」「自営業の平均年収は高いと聞いたんだけど?」という質問を受けることがあります。自営業者の平均年収は統計データでは出ていないのではっきりとしたことは言えません。間違いなく言えるのは、自営業の稼ぐピンキリであるということです。

稼いでいる自営業は、普通のサラリーマンの年収よりも遥かに多い収入を得ている場合があります。とはいえ私の周りを見渡してみても、1ヶ月に数百万円ほど稼いでいる自営業がいれば、1ヶ月に1万円すら稼げていない自営業もいます。

サラリーマンの方は、長い間会社に勤めることでだんだんと収入が増えていくケースが多いですが、自営業はそうとは限りません。前の月に100万円を稼いだからといって、翌月も同じように稼げるとは限らないのです。しかし、逆に言うと自営業の稼ぎに限界はありません。自分が頑張れば頑張るほど、収入が増えていくのです。

様々な職業の平均年収

■ここでは、自営業の平均年収だけではなく、様々な職業の平均年収を記載していきます。

<自営業系>
医者・・・勤務医で約1000万円超、開業医はさらに上がります。
開業税理士・・・約900万円。
農業・・・作っている農作物にもよるが約800万円。
カメラマン・・・売れていないと約150万円、大物カメラマンであれば約1億円。
プログラマー・・・ピンキリですが約300万円〜800万円。

<サラリーマン系>
商社・・・約1000万円。
銀行員・・・約800万円〜1200万円。
コンビニの社員・・・約600万円。
タクシードライバー・・・約450万円、個人タクシーの場合はさらに上がります。

<政治家・公務員>
日銀総裁・・・約5000万円。
市議会議員・・・約1500万円。
国家公務員・・・約600万円。

以上、あくまでも参考ということで載せてみました。