自営業の業種にはどのようなものがあるの?

「自営業の業種にはどのようなものがあるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。確かに、これから起業をしてサラリーマンとしてではなく、自分の力で稼いでいく決意をしたのであれば、まずはどんな業種でビジネスを始めるのか決めなければならないのです。

業種が決まっておらず、やりたいビジネスもないような状態で自営業を始めるのはほぼ不可能で、開業したとしても確実に失敗してしまいます。どのような形にしろ、自営業として働いていくのであれば資金の面など多少のリスクが伴うので、きちんとビジネスプランを立てておかなければならないのです。そこで、以下では自営業の業種としてどのようなものがあるのか記載してみました。

・デイトレーダー:株価の差額を利用して株取引を行って利益を得る

・建設業:建設工事の完成を請け負う営業

・生活関連サービス業:日常生活と関連している技能や技術を提供する

・アフィリエイター:自分のWebサイト上に広告を貼りその利用者の手数料で稼ぐ

・コンビニエンスストア経営:フランチャイズとしてコンビニエンスストアの店長になる

・飲食サービス業:カフェやラーメン屋を中心とする店舗の経営

・情報通信業:情報の伝達や処理に関わる職業

もちろん、上記以外にも様々な業種が現在では存在しており、自営業としてビジネスを展開している方はいらっしゃいます。プログラマーや翻訳家なども自営業の業種として非常に人気を得ており、自分のスキルを活かすことができるかもしれません。自分の今までの経験やスキルを活かせるかどうかは非常に重要な要素の一つで、何もない状態から自営業を始めるのはかなり困難だと説明できます。プログラミング関連の資格やスキルを持っている方が、いきなりラーメン屋を始めたいと考えても、美味しいラーメンをお客さんに提供できなければ繁盛することは絶対にないのです。

そのため、自営業を営んでいこうと考えている方は、どの業種であれば自分がチャレンジできるかきちんと考えるようにしましょう。闇雲に個人事業主として開業しても成功は難しいですし、リスクなく開業できても行おうとしている事業で稼げなければ意味がないのです。人気のある業種は競合も強いことを指しているので、資格や実力を持っていない素人が参入しても太刀打ちできないと説明できます。

サラリーマンを辞めて自営業者になる以上、定期的な収入を得られなくなるというリスクを踏まえて行動に移してみてください。