独立して自営業者になろう

「自分の好きな事をしてお金を稼ぎたい」「以前からやりたいことがある」という人は、独立して自営業者になるのは一つの選択肢なのではないでしょうか。

サラリーマンとして組織の中で仕事をしているうちは、自分の意見を突き通すのは不可能ですし、会社や上司の方針に従わなければなりません。

その点、独立して自営業者になれば自分が社長なので、思うがままの経営ができるというメリットがあります。

「前から起業したいと思っていた」「サラリーマン生活を続けて開業資金が貯まった」というのならば、脱サラして自営業を営んでみるべきです。

10代や20代といった若い世代であればまだしも、30代や40代と年齢を重ね、結婚を考えなければならない状況になって独立するのは無謀だという方はいらっしゃいます。

当然のように独立して自営業者になるよりも、そのまま会社を続けて定年まで働いた方が安定しているのは紛れもない事実です。

それでも、一度きりしかない人生をこのまま会社で働くことに費やし、後々になって後悔するくらいであれば、今決断するのが良いのではないでしょうか。

「アントレ.net」のように、独立開業やフランチャイズを応援しているサイトは数多く存在しますし、きちんと事業計画を練っているのであれば脱サラして自営業者になるべきです。

「自分の好きな仕事で稼げる」「時間と場所が自由」「嫌な仕事を断れる」「仕事量をコントロールできる」「社会に合わせる必要性がない」というメリットが自営業者やフリーランスにはあります。

組織の中で仕事をしている以上、上の決定は絶対ですし、自分の嫌いな仕事だからといって断るような社会人はいないはずです。

それに、「朝○時に出社して夜の○時に退社する」「残業時間は○時間」と定められており、自分の裁量で決めることはできません。

その点、自営業者やフリーランスには仕事を選ぶ権利がありますし、いつ働いてもいつ休んでも個人の自由なのです。

このように聞くと、「定年まで会社で働くよりも独立して自営業者になった方が幸せになれる」と考える男性は多いでしょう。

しかし、独立する以上はあなたが経営者ですし、あなたの判断で会社経営に直結します。

それに、独立開業は決して簡単な道ではなく、軌道に乗って利益を出せるまでに数年間以上を費やすこともあるはずです。

その間も人間が生きていくためにはお金がかかりますし、事業の運転資金も必要となるため、安易な気持ちで自営業者になろうと考えないでください。